忍者ブログ



[1]  [2]  [3
11月23日祝日に開催された、オリジナル同人誌即売会、COMITIA122にサークル参加してきました。
COMITIA122
https://www.comitia.co.jp/

前回8月にも参加したので、久しぶりの二連続サークル参加。
ただ2スペース(=長机1つ分)を借りたのは初めてです。
足元も横も広めで非常にゆったり過ごせました。


- - - - - - - - - -


さて、今回のスペースの様子はこちら。

写真に映っているのは売り子をしてくださった奈知ちゃんです。
頒布物は以下、こんな感じでした。

いつにも増しておしながきのクオリティが低い(思いつきませんでした…)。
個人誌新刊はなし、さらに在庫管理を怠っていたために小説が短編集しかありませんでしたが、今年ずっと活動していた企画、合同誌「アンソロジー空」を頒布することができました。

空をテーマにした合同誌です。
これを手売りしたいがためにこの秋のコミティアに参加したくてたまらなかったので、プライベートの事情など相当ばたついたのですが(コミティア数日前に引っ越しをしました)、何とか参加が叶って良かったなと心底思います。

以前、アンソロジー水を初売りした際、持ち込み数を見誤って思ったよりも早く完売してしまいましたので、今回は確実に余るくらいの量を搬入しました。
空アンソロ、「am」と「pm」という題で分冊、2冊で作成したのですが、結果、2種合わせて100冊超えの頒布数!を記録し、弊サークルunclearとしても最高値となりました。

アンソロ水に比べれば頒布はスローペース、当日はこれで大丈夫かな…?と少し不安も覚えましたが、何だかんだコンスタントにスペースにお立ち寄りくださる方がいらっしゃって、最終的に嬉しい結果をいただきました。
頒布してそれで終わり、ではなく読んでいただいて楽しむところまで、ではありますが、何分なかなか手をつけにくいページ数・作品数ですので基本的には購入していただけた時点で既に到達点終着点、くらいの気持ちでおります。(個人誌に対しても)

空アンソロの綺麗な表紙写真は、カメラを嗜まれているお二人にそれぞれ撮り下ろしていただいた作品になります。
「am」を青嶺トウコさんに、「pm」を折田奈知さんに。
コミティア当日は、このお二方のポストカードも頒布しました。
なんと今回のイベントが初頒布、これに合わせて作成してくださいました。
画像で見ていただくのも素敵ですが、印刷された実物はマットな落ち着きがありいっそう素敵です。私は新居の壁に飾る予定。
同じく購入された方と、素敵なポストカードを共有しているというのも何だか嬉しいです。


ちなみに青嶺トウコさん、年内限定で、ご自身のお写真を使用したカレンダーを販売されています。

詳細は〔こちら〕
(勝手にご紹介すみません、お気に障りましたらすぐ取り下げいたします)
こんなに素敵な写真たちを1年中楽しめて800円…。贅沢です。
トウコさんの写真の澄んだ空気感がとても好きなので、私もこのあと通販申し込みしてきます。


- - - - - - - - - -


コミティアの話に戻りますね。
今回「空バッジ」と称して缶バッジを少しばかり制作し、当日お会いできた参加者さんと若干名の購入者さんに押し付けました。(勝手に冊子の上に乗せて渡していたので文字通り押し付け)

たまたまツイッターで缶バッジ専門の業者さんのプロモーションが目に入り、当日皆でバッジをつけたら楽しいかなと思い。
作ってみたら想像通り楽しかったです。

普段缶バッジなど身につけることがなく、缶バッジの記憶といえば幼少のみぎりクリスマスプレゼントでもらったCANバッチgood!という缶バッジが作れるおもちゃでしたが……。





(同世代の人たちにしか分からないであろうおもちゃ…いや、今サイト見たらまだ更新されていたし、スマートフォンでデザインできるような商品が出ていました。ハイテク)

今回は25mmという最小サイズで作成しまして、「小さい」ということはそれだけで可愛くあり得るなあとしみじみ感動しました。
受け取ってくださった方、つけてくださった方、ありがとうございました!
チームみたいで一体感あって楽しかった。


- - - - - - - - - -


今回も勿論しあわせなイベントだったのですが、同時に反省点が多すぎたイベントでした。


・企画参加者さんに配っていただくつもりのフライヤーを忘れてくる
・企画参加者さんにお渡しするお手紙を全員分書ききれなかった
・おみくじを作りたかったものの諦め

フライヤーを持参し忘れたのは痛かったですね…。

以前のイベントで一度配っているものにはなりますが、参加者さんに配布をお願いした手前、ご協力へのお気持ちに心苦しかったですし何より私が配りたかったです。
参加者の皆さまお優しく、空のような広い心で許してくださいましたが…。
…突然の「忘れてきました」謝罪に微笑んでくださるので後光が差して見えました。笑い飛ばしてくださっても良かったのに。
なお、フライヤーは案の定家に置いてありました。
少し数を整理したあと、通販分に先着順で挟んでいこうかなと。

お手紙に関しては書いた通りです。
移動中やイベント前日などちまちま書いていましたが間に合わなかった…。
申し訳ない。参加者さんには必ずお渡ししたいです。

おみくじは、空みくじというおみくじを作りたくてテンプレまで作ったのですが、データ作成から印刷、折込にかけての時間を捻出できる気配がなかったので諦めました。
印刷までは良いにしても切る折る作業がわりと内職なので。
おみくじが出来なかったため缶バッジを業者さんにお願いしたところもあります。
次回のイベントでリベンジしたい。

他にも細々ありましたが、大きなところはこれくらいかな。
皆さまが慮ってくださるほどショックは受けていないのですが、やはり反省点というところで書き残しておきます。
次回のイベントの前に読み返すように!
とりあえず、準備はきちんと前もって、荷物は確認しましょう、というところ。

そろそろ秘書AIが欲しいなあ…(最近の定期ツイート)


- - - - - - - - - -


ちなみにイベント最中は、売り子の奈知ちゃんがたいそう優秀でしたので割合スムーズだったかと思います。
(それでも少しお待たせしてしまった方、すみません。快くお待ちくださってありがとうございました)
前回のイベント時にご一緒してくださった、こうあまさんにも大変助けられました。毎回毎回皆さんにはお世話になっております。
横で金額を確認してくれたりおつりを出してくれたりする人がいるだけで私のあわあわが多少軽減されますね。

イベント、今回もツイッターのフォロワーさんや企画参加者さんをはじめとして沢山の方にお会いできてとても嬉しかったです。
相変わらず顔を覚えられなくて、名乗ってくださった後に「ああ!」となる方がちらほら、すみません…。きちっと名乗ってくださって助かりました、ありがとうございます。
(勿論名乗らないのも普通に有りです。私も一般参加だとステルスモードで名乗らない気分の時もあります)

差し入れも沢山いただきました。
本当にありがとうございます。

ツイッターで厚かましく「差し入れください!」と騒いでいた手前恥ずかしいですが、想像以上にいただいてしまって光栄です。
小さめキャリーケースに入らなかったので自宅に直送させていただきました。
お手紙も読んで泣きかけました。文章や短歌の感想をいただけたのも本当に嬉しいです。
いただいたお手紙はちょこちょこ読み返してエネルギーをいただいています。


- - - - - - - - - -


戦利品について。
今回、時間の関係上、事前にネットでチェックしていたところのみ回らせていただきました。
かなりセーブしましたよ…。

フォローしている方も沢山参加されていましたが今回は見送り。一般の時にゆっくり回らせてください。

サークルさん1箇所、完売があったけれどそれ以外は希望していたものをゲットできました。嬉しい。沢山搬入してくださってありがとうございました。
ミズキカオルさんのスペースだけ行き損ねてしまいましたがまたいずれサークル参加してくださるとのことで、次回を狙います。朝にご挨拶した時にフライングできないかお尋ねすれば良かった…。
(ドクラッコという素敵な学生漫画を描いていらっしゃるので日常漫画好きな方はぜひ)
突然の推し作品紹介
ミズキカオルさん「ドクラッコ」
https://www.pixiv.net/user/2288262/series/1294

- - - - - - - - - -


16時、何だかんだであっという間に閉場。
コミティア初参加の友人も驚いていましたが、あの空間は本当に時間が過ぎるのが早く感じられます。
コミティア時間が流れている…。

重たい荷物を何とか宅配搬出したあとは、友人と、いつも仲良くしてくださっている亜爛さんとごはんに行きました。

肉。
「何食べたい?」→「イベント打上げとしては肉では…?」という発想のもと、思い切りお肉を食べに焼肉屋さんに向かいました。
友人ちゃん、そのあとJRに乗って帰宅でしたが…。


祝日にお仕事されていた皆さまにおかれましては飯テロ画像を失礼しました。
美味しかったし沢山食べました。
アフターして帰宅するまでがコミティア、感ある。


- - - - - - - - - -


今後の予定ですが、空アンソロの通販準備に移ります。
悩みましたがやっぱりBOOTHさんを使おうかな。
イベント価格よりは少し割高になってしまいますが、それでも欲しいという方がいらっしゃいましたらツイッターアカウントをチェックしていただけたら幸いです。

イベント直参はいつになるか分かりません。
来年8月頃のコミティアに参加できたら嬉しいなあと思いますが、プライベートにだいぶ体力を削られそうなのと、休み希望をしばらく出さなさそうなので…。
年1、2くらいでサークル参加できたらとても嬉しいのですが。

イベントに行くと、私も楽しいことしたい!何か創りたい!という気持ちに溢れて満たされるので、一般参加だけでもできたら良いなと思っています。
虎視眈々と、予定と開催日を確認します。


- - - - - - - - - -


ひとまず、書きたいことは書けました。
ここまでお付き合いくださった方、ありがとうごさいました。
また、当日お立ち寄りくださった方、ツイッターで宣伝してくださった方、しつこいツイートをご容赦くださった方、重ね重ねありがとうございました。

それではまた。


PR


眠る時には枕元のスマートフォンで何かしら音楽をかけている。
できれば静かめで、音が弾け過ぎないもの、歌詞が聞き取れなくても神経を使うのでぎりぎり障らないくらいの音量。

iPhoneに最初から入っているアプリにタイマー機能があれば良いなあと心底思うのだけど現状ないようなので、YouTubeや環境音のアプリで30分の設定をつけたり、つけなかったり。

曲をかけている最中に寝落ちて朝までランダム再生の曲が鳴りっぱなしなのも困る、ものの30分のスリープタイマーが終わっても眠れていない状態に気づいてしまうのも悲しい。
今日がそれ。

3時を回っても眠れていない、ので最近こうして書いているどうでも良いことを今も書いている。
スマートフォンのブルーライトも良くないのは知っていつつ。
それでもiPhoneのナイトシフトモードは優秀な気がする。(画面の白い光が暖色に変更される機能)


半年ぶりくらいにプラネタリウムに行ってきました。コニカミノルタのヒーリングアロマ付きのプログラムです。

小学生のころ行った青少年科学館の、地域の空と季節の星座を解説してくれるものがいつまでも記憶に残っているので音楽がメインのプログラムにはどうにも不思議な気分を微かに覚えてしまいますが、降ってきそうな星空を見ながらうとうとするのは最高です。
願わくはもう少しあの空間にいられて、寝落ちして緩やかに目覚めてもあの天の川が見守ってくれていたらいいのにと思う。

何も考えなくて良いし心洗われるので疲れた時におすすめです。映画館と合わせて定期的に通いたい。他よりもカップルが多いような気もするけれど、まあ暗くなってしまえば関係ないか。


ところでこのブログに代わってもう少し書きごこちのよいツール、例えばtumblrなんかに移動しようかなとも思いつつ、引越しが面倒なのでおそらくしばらくこのままです。まあ読んでいる人もいないだろうし。




ここ最近仕事の内容が若干変わったのだけれど。
共に働くメンバーが変わり上司も変わり、内容は慣れないことばかりでわりとストレスが溜まっていたらしくてHPもMPも尽きかけていたところでした。

風邪引きかけ、で一日中死んだように寝ていたいという気持ちはありつつ
気分を回復させるために何かしたい。
すぐ寝るのは惜しい、というマイナスとマイナスの葛藤。
勤務時間はそんなに増えてないんだけどな…。
慣れない内容×慣れないメンバー×前の上司みたいに褒めてくれない今の上司、とか色々積み重なったためか。
一日に必要なHPとMPが結構多い。
(まあ褒めてくれるような内容をこなせていないのが事実)

で、今日の朝にかけてテンションが落ちに落ちていたところ。
今日の予定をもう完全に棒に振って一日寝ていようかと何度も思ったのだけど
何とか振り絞って出かけて帰ってきて、気まぐれにちょっと部屋の片づけをしたら存外気分がすっきりした。

健全な精神は健全な肉体に宿るし整った部屋に宿るのだなあと。

HPもMPも上限値が低いからすぐ駄目になる。
自分でもびっくりしつつ、どうしようもないのでせめて部屋の片付けだけは忘れないようにしないとな、と。

すごく当たり前のことを言っているような気は自分でもしている。
生活するのが下手なのだと思う。

そういえばそろそろ誕生日なので、レベルアップしてHPMPちょっとずつ増えてくれたりしないかな、なんて。





先日ですがクラシックバレエを観てきました。


「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」と、チャイコフスキーの三大バレエから名場面を集めた公演、とのことで、なかなか至福な時間を過ごすことができました。
公演時間は2時間もないくらい。想像以上にあっという間でした。


そもそもクラシックバレエの素養は全くなく、知識は無いに等しいという状態だったのですが、このさまざまな地で開催される公演のチケットを求めたのは、ツイッターでお世話になっている爽さんが教えてくださったからです。
そうしてさらに遡ると、爽さんが勧めてくださったのは私が「クラシックバレエやオペラなど、色々なものを観てみたい」と呟いていたから。


「氷の鱗」「ミスター残念賞」という漫画があります。


LL HYDROGEN
https://www.llhydrogen.com/


webで連載されている、岩井さんという方の作品です。
「氷の鱗」の第二章が「ミスター残念賞」。
私はこの作品がとても好きで、正直人には教えずにこっそり楽しんでいたいのですが、岩井さんの作品のファンは沢山いると思うので書いてしまいます。
クラシックバレエとコンテンポラリー、踊るひとたちとその人間関係を描いたお話。
この作品の絵柄と雰囲気、登場人物たちのあり方が私はとても好きです。
語彙力がない。


ともあれ、この作品を繰り返し読みながら、一度バレエを観てみたい、けれどなかなかよく分からない、と思っていたところに爽さんが勧めてくださったのは本当に僥倖でした。


チャイコフスキーは私でも聞いた覚えがあって、親しみが湧きやすく良かったです。
指先まで意識が張り巡らされたあの姿は、同じ人間ではないなあと思った。


そう特別広い会場ではありませんでしたが、前から七列目の座席となり、全体が見渡せて、私の視力でもしっかりと捉えることができ満足でした。


漫画はきっかけですが、触れたことのない分野に触れ、それを実際にこの目で見てみたい。
教養に欠ける身としてさまざまなものに触れてみたいなという思いが近年ありまして。


いくつかぱっと思いつく範囲で挙げてみると、演劇、競技ダンス、オペラ、辺りかな。
劇団四季は定期的に行きたいです。最近年に1回行っているのでそのペースをキープしたい。
去年、一昨年にも行った、JAGMO、ウィーン少年合唱団、シルクドソレイユもまた会いたいところ。


暗い座席から舞台を眺めるとき、隣にいるひとの存在も忘れて、言葉に出来ず涙を流したくなるような感情、あれを感動と呼ぶのでしょうか。
ああいう時間を定期的に摂取しながら生き延びていきたい。


本当は眠らなくてはいけない深夜の唐突な雑記、終わります。
先週日曜のコミティアも大変幸せでしたので、あまり遠くならないうちに。



綿津見(わだつみ)


ストロー飲料が好き。


記事の更新は不定期な上に
間が空きますが、
Twitterにはわりと
常駐しています。


unclear


次のページ <<
忍者ブログ   [PR]