忍者ブログ



[106]  [104]  [105]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
23日(月・祝)に東京流通センターにて開催されました
第21回文学フリマにサークル参加してきました。
2年ほど前に一般参加を一度したことがあるだけで、
サークル参加は初めてです。
スペースは【C-10】でした。


頒布物は1週間ほど前のコミティアと変わりません。
アンソロジー「水」がメイン、と言いますか、
「水」を頒布するために申し込んだ二週連続のイベントでした。


という訳で、下に貼り付けてはおきますが
おしながきは前回の記事と変わりません。
完全に流用。(当日の展示分はラミネートしたのでご容赦を)





さて、当日。
以前文学フリマの話をしたら興味を示してくれた友人さんを引き連れて、
サークル入場開始の10時より、20分くらい前に流通センターに到着。
ビッグサイトとは違って、待っている間に中の様子が見えまして
整然と並んだ机とパイプ椅子をガラス越しにそわそわしながら眺めていました。


入場して、爽やかな水色のパンフレットを受け取ります。
あらためてパンフレットも入場料も無料って凄いな…。
門戸が広そうで良いですね。


* * *


それからスペース設営を始めます。
ちなみに相変わらず、売り子さんには宅配搬入した段ボール2つの体積に驚かれました。


2年ぶりに文学フリマの会場に来てみて、
サークル参加の立場に立ってみて初めて気付いたのですが
スペース後ろも通路も凄く広いですね。
段ボールとキャリーケースのある身にはとても有難かったです。
(後ろのサークルさん、もしご迷惑をかけていたらごめんなさい)


出来上がったスペースがこちら。





コミティアと代わり映えしませんが、
前回の\パリーン/事件に反省し、おしながきを上に据えてテープで固定しました。
結果、売り子さんからは前が見えない配置が出来上がりました!
ごめん。


向かい側のサークルさん方が、
大きなポスターを掲げていたり、
ポップや机の上に工夫があったりと大変華やかでした。
(偶然にもほとんどコミティアで見かけた、買わせていただいたところでした)
まじまじとスペースレイアウトを凝視していて
さぞ不審だったかと思いますが許してください。


私側の列は大きなポスターを掲げている人がほとんどいなかったので、
おしながきに目を留めてもらえて良かったなと。


* * *


11時……1分ほど前に開場。
雨の降りそうな天候でしたが何やら沢山人が来ているとのことで
列が溢れる前に開場するとのことでした。
当サークルですが、1階の、
入り口からさほど遠くない場所に配置していただいたので、
パンフレットを手に乗り込んでくる方々がよく見えて面白かったです。


文学フリマ初参加だというのに
コミティアほどネットでの事前宣伝もろくにしていなかったのですが
(Webカタログも2日前に登録)
開場して数分後に、アンソロジー水をお求めの方が。
さらに夏に配ったクーポン付フライヤーまでご持参してくだいました。
ありがとうございます!


その後もちらほらと、
5分から10分に1冊はお嫁に行きました。
ありがたいことです。


買うまではいかなくとも、
おしながきに目を留めていただいたり、
立ち読みしてくださったり。
立ち読みってとっても嬉しい反面、
目の前なのでそわそわはらはらしますね。


その間、私はパンフレットの地図に
twitterでフォローしている人のスペースを書き込みつつ
「こんにちはー」と小声で挨拶したりしてました。


* * *


ペースとしては、前回のコミティアよりもゆったりで、
通路も広い分、皆さん一つ一つのスペースを
じっくりと見られている印象を受けました。
私の気持ちもゆったりとしていました。
当社比で。
(※友人に驚かれるくらい色々とうっかりしていました。
お手紙を渡し忘れたり持っていき忘れたり)


コミティアでスペースに来てくださっているのは、
もともと私のTwitterアカウントをフォローしてくれている人や
アンソロジーの参加者さんのご友人、
リツイートを見てくれた人など
(広い意味での)身内というイメージなのですが、
文学フリマは、その場で興味を持ってくださった方も
立ち寄ってくれている感じがしました。
イベント自体の客層も
文学フリマの方が老若男女、といった印象。


「ほおずきの宿~」を立ち読みして一度去ってから
またやって来てくださった妙齢のご婦人、とても嬉しかったです。
中身はだいぶライトノベルなので、お口に合えば良いのですが。


立ち読みってはらはらする、と先ほども書きましたが、
本当に、中身が試されている感じがするなあと。
スペースレイアウトや宣伝といった
目先のことにばかり目が行きがちですが、
中身に関しても精進していかなければなりませんね。あらためて。


* * *


売り子を頼んだ友人にはだいぶお世話になりました。
お昼時、



ということで
文学フリマ内に出張でお店を出されている
ターリー屋さんのカレーを食べていましたが、
友人が買ってきてくれた上、人がスペースにいらっしゃるたびに
私のカレーを預かってくれるという至れり尽くせり。


その時間にスペースに来てくれた人には
「カレー食べてる。笑」と大体笑われました。
文フリに来たら一度は食べてみたいじゃないですか!


美味しかったです。
付け合せの、玉ねぎを唐辛子で味付けしたものはだいぶ辛かったですが。


* * *


さて15時半頃、アンソロジー水の持ち込み分は無事完売しました。




コミティアと比較するとだいぶゆったりとした出だったのに合わせ、
残りの数が少なくなってからはさらにスローペースになりましたが……。
完売とっても嬉しいです。
ありがとうございました、楽しんでいただけたら嬉しいです。


* * *


喜び勇んでお買い物へ。
コミティアで色々と買いすぎたことや前日にデザフェスへ行ったこともあり、
お買い物は控えめにしました。
「立ち読みどうぞ~」とのあたたかいお声がけを泣く泣く振り切りました。
冷たい反応ですみません…。



twitterでフォローさせていただいている方のご本を中心に。
「全部ください!」は言うのも言われるのも楽しいですよね。
新規開拓をするには…私の財力が足りませんでした……。
どれもこれも魅力的に見えて、一つ手を出すとキリがなくなりそうだなと。
文学フリマ初参戦の友人が、私とは全く違う本を買っていたのも面白かったです。


* * *


左右のサークルさんは帰宅されてしまったのですが
私は閉場の17時まで会場にいました。
もしかしたらまだ立ち寄ってくださる方がいるかも、と思うとなかなか。

もしやあれは顔見知りでは…?という人を二人ほど見かけてしまったり
オフの友人がスペースを訪ねに来てくれたり
(隣の建物では二次創作のイベントをやっていたようです)
びっくりする出来事も。


文学フリマには初参加なのに
「ほおずき面白かったです」「短歌集欲しかったです」
といったお声も聴けて最高に幸せでした。
私、死んでも良いわ。



差し入れもいただきました!
ありがとうございます…!
完全に初めましての方にもいただいてしまって恐縮です。
美味しくいただいて次の活力にします。


夜は、アンソロジー水持ち込み分完売を祝して友人とごはんを食べてから
高速バスで帰りました。
あまり美味しそうに見えなかったら私の盛り方のせいです。


* * *


ところでゆかさんからいただいたアイマスクですが、
ここ2日使ってみますが快眠過ぎて怖いです。寝すぎる。
夜行バスであまり寝れずに帰ってきたその日の夜、
普通に0時頃に就寝したら(アイマスク付)
ふと目を覚ましたのがまさかの17時であったことを
ここに懺悔しておきます。
丸2日分寝ている…。
カーテンの外の真っ暗な世界に「嘘だろ……」と茫然自失してました。


閑話休題。
文学フリマ、今まで参加したことのあるコミティアとはまた趣が違って、
とっても楽しかったです。
5月は厳しいですがまたサークル参加してみたいなあ。
2016年は東北、北海道でも開催されるようなので
そちらも要チェックだなと。


以上、思い出したことをつらつらと書き連ねた日記でした。
相変わらず長くなりましたね。
取捨選択ができないもので…。


お会いした方、ご購入くださった方はありがとうございました。
参加された方、事務局さんはお疲れさまでした!


前日のデザフェスについてもいずれ書きたいところ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Adress
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

綿津見(わだつみ)


ストロー飲料が好き。


記事の更新は不定期な上に
間が空きますが、
Twitterにはわりと
常駐しています。


unclear


<< 0504 HOME 1116 <<
忍者ブログ   [PR]